2008年01月23日

ガロアムシ化石

DI-YING HUANG, ANDRÉ NEL, JULIAN F. PETRULEVIČIUS (2008)
New evolutionary evidence of Grylloblattida from the Middle Jurassic of Inner Mongolia, north-east China (Insecta, Polyneoptera)
Zoological Journal of the Linnean Society 152 (1), 17–24.


有翅ガロアムシの化石の中国からの報告.既存の科に分類されるため,高次系統の解釈という点では大きなインパクトは無いが,何よりも素晴らしく保存状態がいい!

脊椎動物の世界では,中国からの新たな化石の発見が,Nature など超一流誌に続々と報告されていますが,昆虫でも中国産の化石の報告に今後注目です(ぢつは今ひとつ査読中で,これは昆虫の高次系統に極めて大きなインパクトを与える発見です).
posted by 茶坊主 at 11:17| Comment(0) | 下等新翅類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。