2011年05月30日

直翅系昆虫は単系統群

もう5月も終わり.月初めは,ツノゼミ論文,あちこちで盛り上がりましたが,これについても(ブログの主題と外れますが)そのうち書こうと思っています.相同性の判断ミスと,切片標本の作成の問題が明らかで,形態的にも発生的にも論文の主張は支持されません.

さて宣伝もかねて,こちらはブログの主題に沿ったネタ.

Yoshizawa, K. (in press)
Monophyletic Polyneoptera recovered by wing base structure
Systematic Entomology


直翅系昆虫の系統関係を,翅基構造から取ったデータで解析しました.直翅系昆虫が単系統群かどうかは非常に議論があり,多くの研究で単系統性に疑問が示されています.分子でもほとんどの研究で直翅系昆虫は側系統的になっており,単系統性を支持する研究は,Ishiwata et al. (2011) くらいです.

今回の研究の結果,直翅系昆虫の単系統性をかなりはっきり支持する形質が見つかりました.

●humeral plate の背面側がほぼ完全に膜質化する (ci, ri=1)
●median notal wing process - 1Ax が互いに接するような形で関節する (ci=0.5, ri=0.8)
●1Ax 基部後方が後ろに長く突出する (ci, ri=1)

Evolution of the insects でも直翅系昆虫は単系統として示されていますが,それを支持する形質はいくつかのグループで消失しています.一方,たとえば humeral plate の状態は極めて顕著で,有翅の全てのグループではっきり見ることができます.Beutel & Gorb (2006) からデータを拝借し,無翅のオーダーも含めた解析もしていますが,それでも単系統性は支持されます.

その他,Zoraptera + Embiodea, Orthoptera + Phasmatodea, Dictyoptera の単系統性が支持され,wing base のみの解析では Plecoptera + Dermaptera が支持されています.ここら辺は若干結果も不安定ですし,また他の分子や形態の結果とも矛盾する部分もありますので,今後の宿題と言えるでしょう.
posted by 茶坊主 at 09:21| Comment(0) | 下等新翅類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。