2010年11月19日

昆虫高次系統

もうすぐ授業だけど,メモらないわけにはいかない.

Phylogenetic relationships among insect orders based on three nuclear protein-coding gene sequences
Keisuke Ishiwata, Go Sasaki, Jiro Ogawa, Takashi Miyata and Zhi-Hui Sua
Molecular Phylogenetics and Evolution (in press)


結構解像度高い.完全変態昆虫はこれでほぼ間違いないだろう.ネジレ+鞘翅 (BS, PP 100) も膜翅最基部分岐 (BS 70, PP 100) も強く支持される.もはや完全変態最後の難問は,脈翅系3目間の関係にしぼられた感じ.ネジレが鞘翅に内包される可能性もまだあると思ってたりもするが.

半翅系昆虫はやっぱり難しい.形態で見ると,単系統性に疑いなさそうに見えるんだけど,分子では絶対側系統的になってしまう.この論文でもそうだ.もちろん支持率は低いけど.

直翅系の深い所はやっぱり不明確.Zoraptera, Embiodea, Phasmatodea, Plecoptera といった辺りのサンプリングが不十分な点も一因か.ただ,直翅系全体が単系統になっている点は極めて重要.分子からは初めての支持となる.BS 84, PP 100 と支持率も高い.形態からは,直翅系の単系統性に関して強いサポートはこれまで得られていないが,wing base を見る限り直翅系の単系統は間違いない.Wing base 論文は,4年間も温め続けてきたが(温め過ぎ?),今年中には投稿する(イントロ書き直す必要があるな…).

旧翅類の単系統性はどうだろう?Ephemeroptera があからさまに long branch になってるし.これで納得とは行かないな.

ということで,未解決問題はまだたくさんあるとしても,全体的には良い線行ってると思う.
posted by 茶坊主 at 09:14| Comment(0) | 六脚類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。