2007年04月10日

カカトアルキの頭

またベーチェルくんとこのチームによる,形態学論文です.

E. Baum, C. Dressler, R. G. Beutel
Head structures of Karoophasma sp. (Hexapoda, Mantophasmatodea) with phylogenetic implications
Journal of Zoological Systematics and Evolutionary Research (OnlineEarly Articles).
doi:10.1111/j.1439-0469.2006.00380.x


事細かに見ていますが,要は頭部の形態からはカカトアルキ+ガロアムシが支持されるとのこと.分子通りの結果ですね.

それはともかく,やっぱりこういうベーシックな形態学をやる若い研究者が次々と出てくるあたりが,さすがドイツっちゅう感じです.
posted by 茶坊主 at 15:19| Comment(0) | 下等新翅類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。