2010年02月15日

節足動物系統

Arthropod relationships revealed by phylogenomic analysis of nuclear protein-coding sequences
Jerome C. Regier1, Jeffrey W. Shultz1,2,3, Andreas Zwick1, April Hussey1, Bernard Ball4, Regina Wetzer5, Joel W. Martin5 & Clifford W. Cunningham4
Nature advance online publication 10 February 2010 | doi:10.1038/nature08742


いまいちネイチャーンな価値を見いだせないのですが…Yahoo では鋏角類が基部に来たことが強調されていますが,それも別に驚くことでもないし,鋏角類の単系統性も弱いままだし.

個人的には,トビムシ+カマアシが非常に強く支持されていることが収穫かな.
(シロハラさんよりご指摘いただきました.Podura と Protura を読み間違えるなんて,目と頭どちらが悪いんでしょうか?)

あと昆虫の姉妹群が結構強く支持されていることもね.
posted by 茶坊主 at 11:50| Comment(2) | 節足動物
この記事へのコメント
この論文は、データが多いところが良かったのでしょうか?

ところで、カマアシが見つからないのですが…
Posted by シロハラクイナ at 2010年02月18日 03:50
ご指摘ありがとうございました.

昆虫の姉妹群は,淡水性甲殻類と言うのが,ここ最近コンセンサスを得られつつあったので,それをひっくり返したってのは大きいかもしれません.ムカデエビやらカシラエビやら,見たこと無い生き物なので気にもなります.これから形態の再検討も始まるでしょう.

それにしても,やっぱりこれでネーチャー!?と思わざるを得ません.ファイロゲノミクスだぜ,イエイ.見たいな力ずく論文には食傷気味です.
Posted by 茶坊主 at 2010年02月18日 09:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。