2009年04月22日

カマキリの起源

Evidence for Carboniferous origin of the order Mantodea (Insecta: Dictyoptera) gained from forewing morphology
OLIVIER BÉTHOUX and FRANK WIELAND
Zoological Journal of the Linnean Society
Volume 156 Issue 1, Pages 79 - 113


現生のカマキリの翅脈相を,気管配列まで含めて検討し,グランドプランを構築.その結果に基づき 'Protorthoptera' と呼ばれる,化石昆虫のまあいわゆるゴミ箱タクソンの中から,いくつかカマキリの stem group となるものを見いだしている.これにより,カマキリの起源年代は,石炭紀後期,これまで考えられていたより約175mya さかのぼる事になった.

翅脈相の解釈は,写真だけじゃちょっと分かり難いところもあるので,そのうち実物を見てみたい.いずれにしても,こういったねちっこい形態論文は大好き.
posted by 茶坊主 at 17:32| Comment(0) | 下等新翅類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。