2009年01月09日

トンボの翅の基部構造

宣伝もかねて

Ninomiya, T. & Yoshizawa, K. (2009) A revised interpretation of the wing base structure in Odonata. Systematic Entomology (in press).

トンボの翅の基部構造の相同性には,極端に異なる解釈がいくつもあって,非常に議論の多い問題でした.特に松田隆一などは,トンボの翅は,他の有翅昆虫とは異なる起源を持っているとすら結論づけています.

上記論文では,トンボの翅基構造が,他の有翅昆虫と相同な構造であることを,いくつかの証拠に基づき議論しています.

この論文は,第一著者二宮君の修士論文をもとにしたもの.彼は修士論文発表会と昆虫学会の北海道支部会での発表の際,翅の基部構造の立体模型を作って解説するという,伝説のプレゼンテーションを行い,今でも語りぐさとなっています.

posted by 茶坊主 at 10:46| Comment(0) | 旧翅類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。