2008年04月11日

動物界系統

Dunn CW, et al. (2008) Broad phylogenetic sampling improves resolution of the animal tree of life. Nature 452: 745-749.

こちらに三浦さんの解説があります.

節足動物近辺では,脱皮動物(サポート弱い),有爪+節足,節足の単系統性がそれぞれ支持されており,これらに関してはそれなりに納得できる結果となっています.節足動物内の関係は,((六脚,甲殻)(多足,鋏角))となっており,それなりに支持確率も高くなっていますが,サンプリング数があまりに少なく,この結果を受け入れようという気にはなりません(形態屋さんとしては,やっぱり大顎類の単系統性はそうやすやすと放棄できるものではない).
posted by 茶坊主 at 09:36| Comment(2) | 節足動物
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます.

確かに局所的にはtaxon samplingが甘いので,怪しいところもありますね.

系統(特に高次系統)は素人なので,色々とご教授おねがいします.これを機にリンクもさせてもらいました.
Posted by polyphenism at 2008年04月11日 22:57
コメント&リンクありがとうございます.こちらこそどうぞよろしくお願いします.
Posted by 茶坊主 at 2008年04月12日 10:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。